お知らせ

アンケート期間:2005年7月28日~9月8日
アンケート回答数:26名
※アンケートへのご協力ありがとうございました.
 

概要

アンケートの「これからも講義ビデオを利用したい」という項目が非常に高評価を得るなど,取組そのものに対する有効性については非常に高い評価であった.また,ビデオの品質等への改良要望も多く寄せられており,関心が高いことを示している.
 

配信ビデオの視聴回数について(横軸:人数)

配信ビデオの視聴回数

ビデオ講義の品質について(1:あてはまらない←→5:あてはまる/値は平均値)

ビデオ講義の品質

ビデオ講義の内容について(1:あてはまらない←→5:あてはまる/値は平均値)

ビデオ講義の内容

ビデオの利用方法について(1:あてはまらない←→5:あてはまる/値は平均値)

ビデオの利用方法
 

コメント

C. PowerPoint,OHP,黒板等の複数のメディアを同時に利用する講義の収録方法をもっと工夫してほしい.
A. 固定カメラの場合はなるべく講義でしか提供されない情報を収録していきます.また,カメラ操作を行うアルバイト枠についても増強いたしました.
C. ビデオに学生が映りすぎ.
A. 現時点では改善は難しいですが,今後天井にカメラを設置する等の対応を検討します.
C. 学生の質問やTAの音声も聞けるとうれしい.
A. 現時点では改善は難しいですが,今後各教室にマイクを複数準備する等の対応を検討します.
C. 講義配信用サイトのデザインが未成熟.
A. 来年度に向けて新たな講義配信用サイトを導入する予定です.
C. Solarisでも視聴可能であってほしい.
A. 現時点では今後もWindowsMediaでの配信が中心となる予定です.
C. 定期的なアップロードをしてほしい.
A. 今後の収録では定期的なアップロード(一日後を目標)を実施する予定です.
C. ビデオの内容に関する目次がほしい.
A. 技術的には可能ですが,目次作成作業が必要となるため検討させてください.
C. ストリーミングのみでなくダウンロードできる形にしてもらいたい.
A. 著作権等の問題があり,現在検討中です.
C. 学外からの利用ができる手段がほしい.
A. 正式なサポートはしていませんが,情報科学センターが提供するSSLVPNサービスで利用できるかも….