PC会議システムサービス更新のお知らせ

ユニットでは,ネットワーク経由で学内外の研究者や学生と簡単に会議を行うことができるPC遠隔会議システム"MeetingPlaza"のサービスを更新しました. 


機能概要:

  • マイクとスピーカが接続されたパソコンがインターネットに繋がっていれば、いつでも、どこからでも利用可能(システム全体で同時 80クライアントが同一時間帯に接続可能なライセンスを導入しています)。  
  • 本学の教職員・学生であれば自由に会議予約ができ、学内のみでなく学外の共同研究者との会議が可能。  
  • プログラムはWebブラウザ上で動作するActiveXまたはプラグインであり,自動でダウンロード/インストールされるため、利用者による設定等の手間は不要。  
  • Webページ、利用しているアプリケーションの画面、Microsoft Officeなどのファイル、ホワイトボードなどの資料共有機能やチャット機能など豊富なサポート機能。  
  • 最大32クライアントが同一会議に参加可能。


 

PC会議システムの利用方法

1.準備
 PC会議システムを利用するにあたっては、パソコン、インターネット接続、音声機器が必要になります。Webカメラの使用は、オプションになります。
詳細は、以下の通りです。
  • パソコン : OS Windows Vista SP2/7 SP1/8/8.1
                   Webブラウザ Internet Explorer 8.0以上
                                      FireFox 27.0以上
                                      Google Chrome 32.0以上 
                   JavaScript 
                   もしくは,
           OS Mac OS X 10.6/10.7/10.8/10.9
                    Webブラウザ Safari 5.1以上   

            インターネット接続環境      
  • 音声機器: ヘッドセット/エコーキャンセラー内蔵型マイク・スピーカ        
  • 映像機器: Webカメラ/i-Link(IEEE1394)で接続可能なデジタルビデオカメラ
 
2.ログインとポータル画面
  • ログイン
    (1)Webブラウザで、PC会議システムのログインページにアクセスする。
    URL: https://dlc-mp.jaist.ac.jp/confmgr/enter.cgi
    (2)アカウントとパスワードを入力して、ログインする 

    スライド1 
                                  

    画面をクリックすると拡大表示されます。  
        

  • ポータル画面
    ログインが完了すると、「ポータル」画面が表示されます。
    この画面では、会議の予約・確認の他、会議参加者情報、利用者の登録ができます。 

    スライド1 
                               

    画面をクリックすると拡大表示されます。  

 
3.会議の予約
  • ポータル画面にて「会議予約&確認」を選択する。 

    スライド1 
                            

    画面をクリックすると拡大表示されます。  

  • [会議予約&確認]画面にて会議を予約したい日付を選択

    スライド2

    画面をクリックすると拡大表示されます。

 

4.ご案内メール


 

5.会議への参加
  • 会議に参加する際には、「会議開催のご案内」もしくは「直前のご案内」メール本文中の「開始時刻になりましたら、次の URLをクリックしてログインして下さい。」の下に記載されている URLをクリックして下さい。 
    事前に接続試験を行うことも可能です。

    スライド1

    画面をクリックすると拡大表示されます。

 

6.会議画面

  • 会議画面の下の方にあるスタータス表示が、「接続中」であることを確認して下さい。                 
  • 必要であれば、マイクとスピーカの調整を行って下さい。

    スライド1


    スライド1

    画面をクリックすると拡大表示されます。

  • 会議画面には、ビデオ会議を支援するために以下の機能があります。

    [各種共有]

    ファイル共有)  
     全ての参加者にファイルを送信することによって資料共有を行う。
    参加者のパソコンに共有したファイルを表示できるアプリケーションが必要。

    アプリケーション共有)
     自分のパソコンで実行しているプログラムの画面を他の参加者に送信することによって資料共有を行う。

    Web共有)
     Webサイトの URLを他の参加者に送信することによって Webサイトの共有を行う。
    [チャット]  
    テキスト入力形式のチャットで他の参加者とコミュニケーションができます。


    *詳細は、「利用者向けリファレンスマニュアル」を参照して下さい。